title-select-2

税理士の探し方・選び方

会社が優秀な税理士を選択契約し上手に使いこなしたとき、税理士は会社にとって有能なブレーンとなり会社の躍進に寄与するものと思われます。また、逆の場合もあります。そこで優秀な・会社に合った税理士をどうやって探し選択したらよいのかお話します。(私見ですが)

1.税理士を探す方法 — では、どうやって税理士を探すのか —

税理士を探す方法には、

①友人知人からの紹介
②税理士紹介サイトからの紹介
③税理士のHPから直接探す方法


などがあります。
それぞれ長所短所がありどの方法が良いか一概には言えませんが、私なら友人知人の経営者の紹介で探す方法を薦めます。
紹介を受けたら、面談し税理士及び(予定)担当者と何回も納得いくまで話し合って下さい。実際会って見たら、案外、税理士等の人となり・相性等も分かるものです。
同時に、税理士のHPを参考にします。HPでは、税理士の税務会計に対する信条・事務所の概要・それに面談で聞けなかったことなどが書かれていることがあります。

2.選択のポイント —どんなことに留意して選択すればいいのか —

税理士の仕事(業務)といえば、記帳代行・税務申告書の作成提出・税務調査立会・節税対策・経営相談・資金繰り・企業買収・国際税務等々を挙げることができ、其々税理士は得意とする業務分野を持っています。
税理士を選択する際には、会社の実情に合った(税理士に補完して欲しい業務を得意とする)税理士を選ぶべきです。

さらに、税理士を選択する際には、下記の事項を考慮して選択して下さい。

(上記の事項は、実際に顧問を受けている会社の経営者に聞く以外に方法が無いかもしれません・・・・・)

なお、顧問料は高ければ高いほど良いサービスを受けられるというわけではありませんが、安すぎる顧問料だと手を抜かざるを得ず十分なサービスを受けることはできません。特別の事情がある場合を除き、安すぎる顧問料を提示する税理士は避けた方が賢明です。

税理士と顧問契約を一旦締結するとその後不満があってもなかなか契約を解約できないのが実情です。税理士は慎重に選びたいものです。