三の酉

の酉(11/27)に花園神社の熊手ツアーに参加した。
摩訶不思議様が度々酉の市の話をされていたので、実際の熊手ツアーがどういうものか興味があった。
先日、『今年も酉の市ツアーはやるの?』と聞いたら『当然にやる!』との答え。
『私は熊手は買わないけれどツアーに同伴していい?』と聞いたら『良いよ!』と快諾して貰った。
当日、新宿駅東口18時30分に集合。ツアーの参加者は7人程。現地(花園神社)でさらに3人程合流するとのこと。
私は、酉の市はTVでは見たことがあるが実際には行ったことがなかった。 神社に近づくにつれ徐々に人だかりが増えてくる。 境内に入ると満員電車状態。 よくもこれだけ集まったもんだな~! 感心する。
皆、幸せを渇望しているんだな~! 今日の参拝者は、明るく前向きな人が多そう(私の勝手な思い込みです)。
私も周囲に影響されて徐々に楽しく熱くなってくる。ワクワクしてくる。
ツアーの皆で熊手のお店を見て廻る。いろんな熊手がある。目移りするな~。
拝殿の前にくるとやおら摩訶不思議様がツアーの皆さんに『神様に祈願して。』と声をかけ沈思黙考され神様のご宣託を聞かれる。(摩訶不思議様は、そう神様とお話しができる方なのだ。 これが摩訶不思議様の真骨頂なのだ!)
そして『Aさんは24番のお店に行き、自分がピーンときた熊手を買いなさい。』、『Bさんは8番のお店ね。』と次々と神様のお言葉を告げられる。
私は「私の願いだと700円のお守りで良いけれど、買うんだったら1番のお店ネ。」と告げられる。
P1040937
ご宣託を聞いた後、摩訶不思議様を取り囲むように皆でゾロゾロと金魚のウ○コみたいに順繰りに熊手を買いに行く。

ツアーの最後が私の番。 1番のお店にゆきピンとくる熊手を探す。なかなかピンとくる熊手がない。 初めて熊手を買う人は千円とか三千円の小さな熊手から始め年毎に徐々に大きな(=高額な)熊手を買っていくのが基本らしいが、そのピンとくる小さな熊手が無い。 五千円から壱萬円前後の熊手は売り切れて目ぼしいものがない。貧乏人の私にはホトホト困った。 店の叔父さんが『これだと5千円おまけするよ。』と声を掛けられフラフラと催眠術に掛けられたように買ったのが写真のこれ。いまは事務所の机に鎮座なさいます。
P1040948
当初は見るだけの予定だったのに身分不相応な熊手を買ってしまった。ア~ア~。

でも、事務所に飾ってみると明るく華やかになったような感じがする。 今まで感じなかったけど無味乾燥な事務所だったのかな~? これはこれで良かったのなのかな~?
ただ、来年は、本来の姿に戻って身分相応な3千円か5千円の熊手にしよう。
摩訶不思議様から怒られるかもしれないが・・・・・。
一歩譲って、来年が現状維持なら3千円か5千円の熊手。 今年より良い年だったら壱万円位の熊手。 超良い年だったら今年と同程度の熊手を買うことにしようかな。
後は神様のお導き次第だな。(決して神様を脅している訳ではありません。
(笑))
でも、良い経験をした。こういうものは一度は行ってみるものだな。
カテゴリー: ブログ | コメントは受け付けていません。

卒業年月早見チャート

essays writing service

カテゴリー: ブログ | コメントをどうぞ

メイド服

先週の月曜日の事務所の近くのセブンイレブンに行ったときのこと。

入り口にメイド服を着た女に子がいたのでビックリ!
よく見るといつもの店員の子がメイド服を着てコーヒーの試飲サービスをやっていた。
な~んだ、驚かすなよ。 全く!

その子は目鼻立ちのハッキリした美人ちゃんだがその日は妙に地味な感じ~。
よ~く、よ~く見るとそのメイド服が地味なんだよな。
フリルが付くわけでもなく、色合いも黒と白のツートンカラー。
これではホンマモンのメイド服だよ!
秋葉原発祥のメイド服はフリルが一杯きカラフルなキャピキャピした服だったんじゃないかな。

今度、セブンイレブンでは挽きたてのコーヒーを販売するみたい。
レジの傍には新しくドリップ式の大きな機械が鎮座している。
こうしたセブンイレブンの攻めの姿勢は素晴らしい!
私は、コンビニの中では商品構成を始めとする総合力では1番だと思うのだが、服のセンスはいま三くらいだな。
あの服はかなりの年配の偉いさんが選らんだと思う。
こうして色々想像していくと楽しい。

しかし、あの日以来、美人ちゃんが出勤していない。
辞めてしまったのかしら。 残念だな~。


瀬戸口会計事務所/東京都豊島区



カテゴリー: ブログ | コメントは受け付けていません。

帰ってきたオバタリアン

今日、電車に乗り座席に座っていたときのこと。
隣の座席が空いたので女性が座ってきた。
その大きなお尻を私の膝を目掛けてズドンと落としてきた。
幸いお尻は私の膝を5センチほど掠った程度で着地した。
女性は『スイマセン』と言うわけでもなく、
スカートを直すでもなく座った限りウンとも寸とも動かない。
かえって私に方が座り直すしまつ。まいたな~。
どんな顔をしているのだろうかと女性の顔をチラッと
見たらシミがあった・・・。
そこそこの年配! オバタリアンだ! 納得!
げにも恐ろしきものオバタリアン!
オバサンの厚かましさを再認識した1日でした。

カテゴリー: ブログ | コメントは受け付けていません。

からす団扇

  今月20日に大魂神社(東京都府中市)の「すもも祭り」に行った。お目当ては当日に限定頒布される「からす団扇」。

  この「からす団扇」で扇ぐと災厄などが祓い除かれ、また玄関先に飾って置くと悪魔を祓いその家に幸福が訪れるという霊験あらたかな団扇だそうな。

  府中駅を降り大魂神社へ向かう。 参拝者だろう、人々が大魂神社に吸い込まれていく。 境内に入ると長い参道の両脇に露天がビッシリと並んでいる。  凄~い!

 

  隋神門を入り中雀門に近づくと参拝者が列をなして並んでいる。横5~6人で拝殿までの距離100m位の列ができている。時計を見るとまだ朝の10時半。それなのにこの人手。普通の神社仏閣の正月の参拝客よりも多い! 大魂神社は、地元の人から愛されているのだな~。 妙に感心してしまう。  
マッタク、怖れ入谷の鬼子母神だよ!(そうだ!今度の日曜は入谷の鬼子母神に行ってみよう。まだ、鬼子母神には行ったことがなかった。ア~ア、また余計なことを考えてしまう。)


列に並んでいると、傍で「すもも祭り」特別祈願の申込の受付をやっている。

よし、参拝が済んだら特別祈願を申し込もう。これで弊事務所と瀬戸口家の商売繁盛・家内安全は間違いなしね!  ウフフ・・・。

 

 

拝殿で参拝を済まし、今度は「からす団扇」を頂くためにまた並ばなければならない。
(初穂料500円を納めた人に1枚のからす団扇が
頒布される。)

「からす団扇」は数か所で頒布されるから参拝したときほどではないにしろ大変。幸せになるためにはしょうがないな~。 原価だと思って並ぶしかない。

 

やっと参拝も済んだし、「からす団扇」も頂いたし、境内を散策しこれで思い残す事はない。

特別祈祷の申込をして帰ろうと受付の場所に行ってみると巫女さん達が受付の片付けをしている。 エッ、特別祈祷の申込は終了だって(゜Д゜≡゜д゜)エッ!?! やはり特別祈祷だったのだ。 ガッカリ。 最初に、特別祈願に申し込んで次いで参拝等すればよかった・・・・。失敗した! ドジった。

 

商売繁盛・家内安全は確保したと思ったのに・・・・・。 
でも、参拝したし、「からす団扇」もゲットしたので商売繁盛か家内安全かどちらかは確保したい・・・・・。

一度、神様に相談してみよう。

 

                         瀬戸口会計事務所/東京都豊島区

カテゴリー: ブログ | コメントは受け付けていません。